キヲクのキロク。

忘れたくない日常の記憶。
どーでもいーことも、大切なことも、全部。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP -
3日目。
110524_123811.jpg
ボランティア3日目。

仕事の流れもつかめてきて、少し楽しく感じる。
空いた時間に他のフロアに手伝いに行く余裕もできてきた。
実は昨日までも時間はあったのだが、勝手にしゃしゃり出るのもどうかと思い様子を見ていたが、昨日の夕方に師長さんに許可をもらった。
せっかく来させてもらったのだからトイレ掃除でもなんでもするのに。

今日は朝から晴れ。
そして風が強くなってきたため昨日よりもっと埃っぽく、臭いもきつかった。
患者様に聞いた話では津波の時に魚がたくさん上がり、倒壊した家屋や車の中にも魚が残ってそれが腐敗しための臭いだと。
私の育ったところは漁港もあるため、幼い頃を思い出した。
診察に着くとやはり、震災のあとから眠れない、動悸がするなどの症状の方も多く、たびたび腹痛があるという女子高生もいた。
スタッフの方がこの町の子供たちが亡くなったり、非難して町から出て行ったりで子供が少なくなってしまったと話されていた。
今日診察を受けた少年は津波で両親と兄弟を亡くし今は祖母の家で住んでいて、かかりつけである支援先の病院に来たのだが、来る時に町に行きたくないと泣いたと言っていた。
本当に胸がつまり、言葉が出ない。

かわいい元気なじいちゃんは、津波で自分や息子たちは助かったが妻は流されてしまった、でも年だから仕方ないんだよと笑っていた。しかもその奥様ともすでに別居していたと聞き私もつられて笑ってしまったが、みんな驚くような経験を乗り越えている。

この町はご遺体が確認された方より行方不明者の方が今だに多く、患者様の口からも「亡くなってしまったけど見つかってよかった」との言葉が聞かれる。
昨日もまだ行方不明の母親がここにかかっていたので、手がかりになるようなものがあったら欲しいと言われる方が受付に来られていた。
スタッフの一人の方も、「家は大丈夫、床上浸水くらい。家なくなっちゃってるスタッフもたくさんいるからね。」と言われていた。
自分も十分大変なのに、それより大変な人のことを思って頑張っていられる姿にまた胸がつまった。





【おまけ】
今日の朝食。
110525_070956.jpg

昼食。
110525_123411.jpg

夕食。
110525_191729.jpg
| - | 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
2日目。
110524_173344.jpg
ボランティア2日目。

外来にはすでに患者様が数名いらしている。
今日問診させていただいた方は喉が痛い、咳が出る、いがらっぽい、痰が絡む、などの症状の方が多い印象。
朝は曇っていたがだんだん晴れてきたため、粉塵が舞い埃っぽい。
患者様たちの症状も納得できる。
午前中の患者数は昨日よりちょっと少なめ。
午前中は昨日と同様の内容だったため、何事もなく終了。
午後からは簡単な流れの説明だけ聞き、診察室の介助につく。
これはカルテの処理さえ間違えなければ大丈夫。
ここでもいろいろ教えてくれたスタッフの一人が震災当日のことを話してくれた。
やはり自分も津波に飲まれ、首の辺りまで水に浸かったがまわりに机とかいろいろな台があったおかげでそれに守られて流れてきたもので怪我をせずに済んだと言っていた。
携帯も流されてしまったため家族の安否が確認できなかったことが不安だったと、そして家族は全員無事だったが家は全壊した、と写メをみせてくださった。
今はどこで暮らしておられるのかは胸がいっぱいで聞けなかった。


大体が軽い診察と、定期受診の薬を処方されるだけだが、少し具合の悪い患者様もいた。
検査の結果、必要な処置ができる病院に搬送することになったおばあちゃん。
おばあちゃんは一人で家にいて、具合が悪いから病院に連れていって欲しい、と避難所にいる義妹さんに頼んで受診した。
義妹さんもびっくりしておられたが、連れて来てくれてよかった、と声をかけた。
処置室には本来ならあるであろう薬品や物品もなく、スタッフが病棟に走って借りに行っていた。
震災前ならこのくらいの対応もここで十分できただろうに。

午後の診察が早目に終わったので、老健施設に手伝いに行った。
ちょうど夕食の時間でかわいいジジババがホールに集まっていた。
ものすごく癒された。
私が横須賀から来たと言うと、一人のおばあが若い頃、三崎の缶詰め工場で勤めたことがあると話してくれた。
しかし東北ナマリが強く、その他のほとんどのことが聞き取れず。笑


夕方、支援施設の裏にある神社にいった。
施設よりさらに高台にあり、階段を200段登った。
そこからの景色は街を見渡せ、さらに震災の惨状を見せつけられた。
しかし海はとてもきれいで、この海が街や人を拐っていったとは思いたくなかった。





【おまけ】
今日の朝食。
110524_065833.jpg

昼食。
110524_113819.jpg

夕食。
110524_194651.jpg
| - | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
1日目。
ボランティア1日目。

朝7:30に集合し、揃って職場へ行く。
支援先の病院は外来、病棟、老人施設がありそれぞれ配置に着く。
私と同じ職場から来ている助産師さんが外来担当になる。
しかし入院患者が少ないとのことで、結局病棟の二人も合わせ四人で外来担当になった。
詳しいオリエンテーションもなく、支援先のスタッフ誰に聞いてよいかもわからず戸惑うが、見よう見まねでやってみる。
難しいことはまったくなく、患者様のカルテが出来上がりカゴに置かれるので、順番に今日はいかがしましたか?と問診をする。
大体の方が薬がなくなったので続きを処方してほしいということ。
あとは喉が痛い、熱、咳などのいわゆる風邪症状である。
患者様はご高齢の方が多く、降圧剤を飲んでいる方がほとんど。
血圧を測りながら軽くお話をする。
「お姉ちゃん、どごからきたの?」
「神奈川県?ワダスの姪っ子が相模原に住んでるのよー。」
「ありがだいねー、看護師さんがよぐやってくれて。」
東北の方の言葉は本当に温かい。
私たちの方が励まされる。
「実際に来てみてどうですか?」と声をかけてくださったスタッフの方も、自分も仕事中で津波に飲まれ30分くらい泳いで首のギリギリまで水がきた状態の時に、向こうから凄い勢いで流されてきた車が玄関の壁にぶつかってなんとか無事だったこと、その後10日間くらいそのまま働き続けたが夢中過ぎてその間の記憶がないことを話してくれた。
聞いていて何度も泣きそうになり、こらえるのに必死だった。
ボランティアは週変わりで何人も来ているため、そんな辛い体験をきっとみんなにお話してくださっているだろうに。

トラブルもあった。
ある男性の患者様。受付をすませ長い時間お待ちだったようだが、事務の手違い?でカルテが作られておらず、やっとカルテが出来上がり私が問診に行った時に雷が。
「お前らの手違いだろうが!何時間待たせるんだ!」と。
謝罪してもお怒りはおさまらず、診察室内の師長に報告してもらった。
事務の人も体調を崩している人が多く、発熱て二人も受診しながら勤務をしていた。
どこにでもありがちなトラブルだが、いきなり怒鳴られた私はびっくり。
まぁ、救急時代にそーいうのは慣れているけど。

そして午後には頭から大量に流血して来られた方。
傷を縫合するにも物品が揃っていないようで、若いスタッフがなんども走ってどこかに取りに行っていた。
物が豊富にあって必要な処置ができる、自分の今おかれている環境がつくづく恵まれていると感じた。


それでも手持ちぶさたでもっと働かせてもらいたい、申し訳ない感じの1日だった。



【おまけ】
今日の朝食。
110523_065806.jpg


昼食。
110523_123314.jpg


夕食。
110523_194554.jpg
| - | 21:51 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
現地入り。
110522_165223.jpg
14:30頃に仙台駅到着した。
外は少しひんやりしたが、雨は上がっていた。
仙台駅は外壁の工事が行われていたが、災害を感じさせない程駅周辺は栄えていて人も多かった。
そこからはバスで現地へ向かう。
向かう途中、『災害派遣』と書かれた自衛隊の車と何度もすれ違う。
市街地を過ぎるとところどころに瓦礫の山があるが、建物の損壊はバスからは確認できない。
しかし、石巻市に入ったとたんに風景はあのテレビで見た惨状だった。

1週間働かせていただく職場に着き、簡単なオリエンテーションを受けて宿舎へ。
宿舎はシャワーも使えて申し訳ないくらいに贅沢。
今回は私の職場からもう1人と滋賀から1人、長崎から3人の計6人で参加している。
これからの1週間、一緒に生活できそうなよさそうな人たちばかり。

110522_202443.jpg
夕飯はレトルトのカレーを食べて、早めにお布団に入る。
明日からの仕事、新人みたいに緊張するね、と話しながら。



とにかくがんばるしかないのだ!
| - | 21:27 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
準備。
110520_125552.jpg
明日から被災地に行きます。

宿泊できるところもあるし、新幹線の手配も職場でしてくれた。
ありがたいことです。

荷物と言っても仕事はジャージでするみたいだし、あとは寝る時に着るものだけ。
とは言っても1週間となると結構な量で、すでに汗だく。



自分に出来ることを精一杯やってきます。
| - | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
自分に出来ること。
110412_144431.jpg
今日は少し肌寒かったけど、関東には春が来た。
地震から一ヶ月以上がたって、今でもまだ余震が続いている。
震度3くらいでも本当に恐い。


停電も地震の当日だけで、今は計画停電もやってない。
食品も十分にある、普通の暮らし。
節電や募金は少ししたけど、これでいいのか?
もっと自分に出来ること、しなきゃ。



来月、一週間だけだけど
宮城に災害支援にいってきます。




これは誰のためでもない。
自分のために。
| - | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
2011年3月11日のこと。
110312_213145.jpg
地震が起きたとき、ちょうど出かける支度を終えたところでした。
本当は午前中から出かけるところだったのですが、だー様のお腹の調子が悪くてその時間になりました。
揺れを感じすぐにおさまると思いきや、だんだんひどくなるので、とっさにTVが倒れないよう支え、だー様を呼びました。
揺れは長く、長く感じました。

電話もつながらず、夜中まで停電が続き小さな余震があり寒いし不安でしたが、携帯からTwitterやmixiでいろいろ情報を得たり、友達の安否も確認できました。
私たちが出かけようとしていた所はハマボールにあるEASというスパで、ハマボールの天井が崩落したという情報をネットで知って鳥肌が立ちました。


昨日の地震のあと、たった半日の停電でものすごく不安でした。
我が家は懐中電灯はおろか防災グッズが一切なく、今日あわてて買いに出掛けました。
人の命を守る仕事の端くれですが、お恥ずかしい。
職場も停電になったようですが、被害はなかったとのことでホッとしました。


電気がついてからはTVで東北の状況をみています。
被害の大きさに涙が出ます。
どうか、一人でも多くの方が無事でありますように。
私に今できることは節電ぐらいしかないけれど、遠くからお祈りしています。
| - | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
2011。
110103_184722.jpg
ベッドからこんばんは。
私は闘病中・・・なわけなくて
今日は夜勤前の仮眠をここでとらせてもらってます。
久しぶりの夜中からの勤務なので起きれるかも不安だし、みんなも遅刻したら困るから泊マレーと言うもので。

今年は気がついたら仕事中に新年になってたんですよ。
時計をみたら、あ!いつの間に!みたいな。
そして新年のご挨拶もろくにできずにバタバタし、夜勤明けは死んだように寝て。

そしてサンガニチ終了。
今に始まったことじゃないけど、年末年始なんて!アホー!!泣


今年もヨロシク。
| - | 19:05 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
信じる者は救われる。
Image791.jpg
ちょっと前から流行ってるんですってね?


POWER BALANCE。
http://www.powerbalance.co.jp/


科学的、医学的根拠はなーんもなさそうだけど、買っちゃった。
BALANCEの実験的なことをやってみたら、あーら不思議だったんだもーん。


今日は一晩、夜勤中に身につけていたのですが、効果アリだったように感じます。
ほんとーに驚くほど何もないところで躓くアタシが一回も躓かなかったし、バランスを補整してくれてるためか腰の痛み、疲れが少ないっ!
つけるだけだし、ちょっと続けて様子みますー。



信じるか信じないかは、あなた次第です。笑
| - | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
WWE@SUMO-Arena。
Image788.jpg
高校生の頃、相撲が好きでよく巡業は観に行っていたのですが、ここには来たことがなかったニャー。
両国国技館。
まさか相撲の聖地でプロレスを観るなんてね。


WWEというアメリカの団体のプロレスを観てきました。
素晴らしかった!選手も試合も。
今はCSでしかやってないのですが、WWEはストーリー性がしっかりしているので格闘技が好きではない人もShowとして楽しめると思います!
あと、筋肉好きな方は選手を眺めるだけでも(笑)
銀座のあばくろの店員なんか目ぢゃないよ!
(試合前、だーりんに連れられ銀ブラしたのですが、A&Fで撃沈。なんぢゃあそこは?もう行かニャイ!)



Image785.jpg

「You can't see me!!」
| - | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
新着コメント
ライオン君が行方不明
ハイジ
そらジロー
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS